東武鉄道趣味

東武鉄道について綴る、気ままなブログです。

東武鉄道8000系

東武鉄道8000系は、1963年(昭和38年)11月から導入された通勤車両です。

1983年(昭和58年)まで増備が続き、国鉄・JRを除く私鉄では最多の車両数となる712両が製造されました。東武鉄道のほぼ全線で活躍し、「私鉄の103系」とも称されました。

2019年6月現在では新系列への世代交代が進み、本線系統では試運転や臨時運転でしか運行されませんが、大師線亀戸線野田線・佐野線・桐生線小泉線越生線と、伊勢崎線北部ローカル・東上線小川町以北で活躍しています。

尚、初期修繕車の8111F(1963年製造)については東武博物館の所有になり、通勤型車両としては非常に珍しい「動態保存車」として、団体専用運用等で姿を見ることができます。

f:id:moutoku3:20190628130429j:plain

動態保存車の8111F。往年の東武顔を今に伝える。


f:id:moutoku3:20190628130458j:plain

f:id:moutoku3:20190628130616j:plain

f:id:moutoku3:20190628130517j:plain

野田線では6両編成、越生線では4両編成、大師線亀戸線・北関東ローカルでは2両・3両編成が活躍。


f:id:moutoku3:20190628130527j:plain

f:id:moutoku3:20190628130535j:plain

f:id:moutoku3:20190628130544j:plain

大師線亀戸線で運行される復刻塗装編成。


f:id:moutoku3:20190628130608j:plain

f:id:moutoku3:20190628130559j:plain

東上線越生線の復刻カラー編成。


f:id:moutoku3:20190628132216j:plain

東上線「フライング東上号」復刻カラー