東武鉄道趣味

東武鉄道について綴る、気ままなブログです。

東武日光線を走る350型

東武日光線の板荷~下小代間を快走する300350型。

伊勢崎線急行用1800系からの改造車であり、本来は日光線快速急行の格上げ急行用として登場した300系ですが、20063月のダイヤ改正にて列車種別の変更が行われ、特別料金が必要な優等種別は全て特急に統合されました。しかしながら、東武を代表する特急100スペーシアとの性能・設備格差は大きく、料金は急行料金をベースとした設定とされ、現在ではかつてのB特急のような扱いになっています。6両固定の3002編成は20174月をもって引退し、現在は4両固定の3503編成が現存するのみです。

300型と入れ替わるように分割併合型の特急500系リバティがデビューし、その増備の計画や新型フラッグシップ特急の計画も発表された中、この350型による特急は近い将来見られなくなることでしょう。

f:id:moutoku3:20191013103649j:plain

f:id:moutoku3:20191013103659j:plain

f:id:moutoku3:20191013103712j:plain

板荷~下小代間を特急「きりふり281号」運用で駆け抜ける353F。


f:id:moutoku3:20191013103631j:plain

f:id:moutoku3:20191013103639j:plain

板荷~下小代間を特急「きりふり61号」運用で駆け抜ける352F。