東武鉄道趣味

東武鉄道について綴る、気ままなブログです。

東武鉄道野田線(東武アーバンパークライン)

東武鉄道野田線は、埼玉県南東部の大宮から千葉県北西部の柏・船橋にかけて、東京30km圏内の東半分を結ぶ62.7㎞の路線であり、1930年(昭和5年)に全線開通しました。2014年4月1日より、全線で「東武アーバンパークライン」(TOBU URBAN PARK Line)の路線愛称名が付けられています。

大宮駅~春日部駅間(15.2km)、南桜井駅江戸川橋梁付近(約1.3km)、梅郷駅付近(0.9km)、運河駅~柏駅船橋駅間(29.5km)の各区間が複線で、残りは単線となっており、臨時列車等を除くと開通以来長らく各駅停車のみの運行でしたが、複線化工事の進捗に伴って急行列車の設定がなされました。また、帰宅時間帯の通勤客をターゲットとした500系リバティによる特急「アーバンパークライナー」が、2017年4月のダイヤ改正で設定されました。

f:id:moutoku3:20191229152513j:plain

f:id:moutoku3:20191229152450j:plain

f:id:moutoku3:20191229152401j:plain

f:id:moutoku3:20191229152428j:plain

f:id:moutoku3:20191229152345j:plain

5000系列の引退後は、長らく8000系の独壇場だった野田線。10030系の転属と60000系の新造により、2019年現在では16編成96両の在籍となっている。


f:id:moutoku3:20191229152542j:plain

f:id:moutoku3:20191229152549j:plain

本線系統から転属してきた10030系50番台とリニューアル車。ラインカラーをロイヤルマルーンから60000系と同系統のフューチャーブルーとブライトグリーンに変更している。



f:id:moutoku3:20191229152604j:plain

f:id:moutoku3:20191229152620j:plain

f:id:moutoku3:20191229152612j:plain

野田線専用車両として初の新製投入となった60000系。2013年より就役した。