東武鉄道趣味

東武鉄道について綴る、気ままなブログです。

東武6050系、6000系リバイバルカラーと現行色

6000系リバイバルカラーとして、6050系の2編成(6162F・6179F)にロイヤルマルーンとロイヤルベージュの復刻塗装が施され、1720系や5700系でも使用されていた往年の東武優等車カラーが営業線で再び見られるようになりました。

野岩鉄道の開業を控え、1985年~1986年にかけて6000系6050系に更新される際に新製された車体の塗装は、ジャスミンホワイト・パープルルビーレッド・サニーコーラルオレンジという当時の東武としては斬新な塗色が使用され、この塗色は100系や300・350系にも反映されました。サニーコーラルオレンジについては日光線のラインカラーにもなり、また東武鉄道の制服がオレンジ基調になったこともありました。

6050系は、昭和から平成に向かう時代の中で、東武鉄道のイメージに大きな影響を与えた型式であるといえます。

f:id:moutoku3:20200212112604j:plain

f:id:moutoku3:20200212112619j:plain

栗橋~新古河間を走るリバイバルカラーの6162Fと通常色の6176F。


f:id:moutoku3:20200212113814j:plain

f:id:moutoku3:20200212113831j:plain

南栗橋以北での活躍に限られたものの、日光路の主力として活躍を続ける6050系現行塗装車。