東武鉄道趣味

東武鉄道について綴る、気ままなブログです。

2020年6月ダイヤ改正で、特急「しもつけ」運行取りやめ

東武鉄道では、2020年6月6日のダイヤ改正にて特急「しもつけ」の運行取りやめを発表しました。

特急「しもつけ」は浅草と東武宇都宮を結ぶ列車で、朝の東武宇都宮発浅草行の上り282号と、夜間の浅草発東武宇都宮行の下り283号の1往復が毎日運行されています。

「しもつけ」の前身は、戦後の1953年(昭和28年)8月から1959年(昭和34年)11月の間に運行されていた急行「しもつけ」であり、その廃止後はしばらく宇都宮線に有料優等列車は運転されませんでしたが、1988年(昭和63年)に6050系による快速急行として再び「しもつけ」が復活します。その後、1800系改造による350型の投入によって急行化され、「ビジネスライナーしもつけ」・急行「しもつけ」、そして特急「しもつけ」として走り続けました。

しかしながら、東京~宇都宮の都市間輸送ではJRに敵わず、全線通しての旅客よりも浅草・北千住~通勤圏のホームライナー的なニーズがメインでした。

かつては準急「東武日光東武宇都宮行き」など特別料金不要の列車においても伊勢崎線日光線宇都宮線を直通する列車が見られましたが、南栗橋での系統分離により、日光線でさえかつてのような直通運用は有料特急のみとなってしまいました。

500系リバティによる「リバティけごん・しもつけ」のような列車を期待していましたが、残念ながら350型特急「しもつけ」はその歴史に幕を下ろすことになります。

f:id:moutoku3:20200301144520j:plain

f:id:moutoku3:20200301144530j:plain

f:id:moutoku3:20200301144537j:plain

f:id:moutoku3:20200301144545j:plain

f:id:moutoku3:20200301144614j:plain

f:id:moutoku3:20200301144559j:plain

f:id:moutoku3:20200301144606j:plain

f:id:moutoku3:20200301144623j:plain

350型特急「しもつけ」。