東武鉄道趣味

東武鉄道について綴る、気ままなブログです。掲載写真は著者撮影のものです。無断転載・流用はご遠慮ください。

東武200系208F、普悠瑪カラーの思い出

2021年8月16日、200系200型のうち208Fが北館林解体所に自力回送されました。昨年12月の201F廃車に続き、200系2編成目の離脱となります。

500系の増備により「リバティりょうもう」の運用数が増え、これに押し出された形での離脱です。

この208Fは、1960年に製造されたDRC1720系トップナンバーの1721Fを種車としています。その流用機器は実に61年もの長期にわたり、優等車として活躍したことになります。

また、友好鉄道協定を締結している台湾鉄路管理局の「普悠瑪号」TEMU2000形をイメージした塗装となって、2016年6月17日から2018年11月19日まで走りました。そのインパクトは今までの東武にはない斬新なもので、強い印象を残した編成でした。

その後は通常塗装に戻されて通常通り特急「りょうもう」として活躍していましたが、残念ながら廃車となる模様です。

f:id:moutoku3:20210906133210j:plain

譲渡に向け留置される20000系とともに留置される208F。奥には東京メトロ8000系07Fの姿がある。

f:id:moutoku3:20210906133202j:plain

6連のまま、静かにその時を待つ。

f:id:moutoku3:20210906133216j:plain

傍らを佐野線運用の8579Fが駆け抜ける。かつては本線で日常的に顔を合わせていた、20000系・200系・8000系。

f:id:moutoku3:20210906133231j:plain

f:id:moutoku3:20210906133147j:plain

f:id:moutoku3:20210906133155j:plain

下り方には牽引用の連結器が取り付けられている。

f:id:moutoku3:20210906133049j:plain

f:id:moutoku3:20210906133122j:plain

2016年6月より、友好鉄道協定を締結している台湾鉄路管理局・普悠瑪号をイメージする塗装となった208F。

f:id:moutoku3:20210906133103j:plain

鐘ヶ淵駅上り方の踏切にて。

f:id:moutoku3:20210906133109j:plain

堀切駅を通過する208F。

f:id:moutoku3:20210906133055j:plain

とうきょうスカイツリー駅に到着する208F。

f:id:moutoku3:20210906133127j:plain

業平橋電留線にて、351Fと。

f:id:moutoku3:20210906133135j:plain

デビューしたばかりの500系と、鐘ヶ淵~堀切間の直線ですれ違う208F。

f:id:moutoku3:20210906133115j:plain

波動用として残存していた1800系1819Fと顔を合わせる。2018年7月8日、業平橋電留線にて。

 

1800系カラーリングの200型205F、乗車記

8月7日から運行が始まった、特急リバイバルカラー企画第二弾の1800系カラーリング「りょうもう」200型205F。車体塗装のみならず、座席も1800系をイメージした金茶系のモケットに交換されています。

2021年8月29日(日)、北千住11:02発、赤城12:36着の「りょうもう11号」に乗車し、かつての「赤い急行りょうもう号」を偲びました。

f:id:moutoku3:20210830085340j:plain

北千住駅の特急専用ホームにて。

f:id:moutoku3:20210830085404j:plain

f:id:moutoku3:20210830085410j:plain

座席モケットが金茶系のものに交換され、かつての「ラクダ色」を彷彿とさせる。。

f:id:moutoku3:20210830085350j:plain

f:id:moutoku3:20210830085418j:plain

f:id:moutoku3:20210830085357j:plain

車内は明るく、金茶色のモケットに暖かみを感じる。

f:id:moutoku3:20210830085425j:plain

残念ながら、飲料自販機は既に営業終了済み。

f:id:moutoku3:20210830085506j:plain

運転席の座席もモケットが張り替えられている。

f:id:moutoku3:20210830085435j:plain

f:id:moutoku3:20210830085442j:plain

f:id:moutoku3:20210830085526j:plain

f:id:moutoku3:20210830085519j:plain

f:id:moutoku3:20210830085512j:plain

f:id:moutoku3:20210830085449j:plain

f:id:moutoku3:20210830085458j:plain

赤城駅に到着した205F。

東武鉄道100系・200系200型のリバイバルカラー

既報の通り、東武鉄道の特急車両100系と200系200型にリバイバルカラーが登場し、日常的に営業運転に就いて注目を集めています。

100系スペーシアについては登場時のカラーへの復元であり、既に109Fがその第一編成として活躍していますが、現状「粋」と「雅」基調カラーの編成である102F・105F・107F・108Fに対しても今後同様の登場時カラーになる予定です。101Fのみ、別のリバイバルカラーになるとの事ですので、こちらも楽しみです。

200型については、先代「りょうもう号」の1800系カラーリングをイメージした塗装を施して205Fが営業運転に就いており、今後209Fについても同様のカラーとなる予定です。

f:id:moutoku3:20210828155116j:plain

春日部駅を出発する109F。

f:id:moutoku3:20210828155122j:plain

雨の西新井~竹ノ塚間を走る109F。

f:id:moutoku3:20210828155130j:plain

東向島を通過する109F。

f:id:moutoku3:20210828155139j:plain

高架化工事が進む竹ノ塚駅周辺を走る109F。

f:id:moutoku3:20210828155206j:plain

f:id:moutoku3:20210828155212j:plain

鐘ヶ淵~堀切間を走る205F。

f:id:moutoku3:20210828155157j:plain

荒川橋梁を渡る205F。

f:id:moutoku3:20210828155151j:plain

新田駅を通過する205F。

f:id:moutoku3:20210828155221j:plain

獨協大学前駅を通過する205F。

東武200系、1800系カラーリング「りょうもう」

東武鉄道では特急リバイバルカラーの第二弾として、200系200型の2編成(205F・209F)を1800系カラーリングに塗装して運行すると、7月15日のニュースリリースにて発表しました。

8月7日、1800系カラーリングを纏った205Fを使用し、クラブツーリズムの「りょうもう」ミステリーツアーが催行されました。ローズレッドにホワイトのラインを巻いた鮮烈な姿は、謳い文句の通り1800系を彷彿とさせます。1800系と200系では車体形状が違うため、帯の太さや前面の処理など完全に1800系のカラーリングを再現することはできませんが、200系らしいシャープな先頭形状を損なうことなくまとめられているイメージです。

f:id:moutoku3:20210817133249j:plain

f:id:moutoku3:20210817133257j:plain

f:id:moutoku3:20210817133305j:plain

8月7日のクラブツーリズム企画ミステリーツアー運行。

f:id:moutoku3:20210817134024j:plain

f:id:moutoku3:20210817134032j:plain

f:id:moutoku3:20210817134039j:plain

f:id:moutoku3:20210817134046j:plain

8月7日のミステリーツアー運行後すぐには営業運転に就かず、数日を館林区の留置線で過ごす。

f:id:moutoku3:20210817133317j:plain

f:id:moutoku3:20210817133325j:plain

f:id:moutoku3:20210817133332j:plain

f:id:moutoku3:20210817133339j:plain

f:id:moutoku3:20210817133347j:plain

営業運転開始。西新井~竹ノ塚間にて。

f:id:moutoku3:20210817133241j:plain

f:id:moutoku3:20210817133357j:plain

1800系カラーリングの対象編成は205F・209Fの2編成。既に201F・208Fが廃車され、その他の編成の去就が注目される。

東武熊谷線キハ2000形、妻沼展示館

熊谷市立妻沼展示館において、昭和58年に廃止された今も当時を偲ばせる貴重な車両として保存されている、東武熊谷線を走ったキハ2000形2002号。

キハ2000形は昭和29年に東急車輛にて3両が製造され、昭和58年5月の廃止まで29年間を走り続けた車両です。終戦とともに未成となった利根川を渡ることは叶わず、熊谷~妻沼間10.1㎞を往復していました。

車内は昭和の雰囲気を存分に残し、しばし38年前の思い出に浸ります。

f:id:moutoku3:20210811144216j:plain

f:id:moutoku3:20210811144233j:plain

f:id:moutoku3:20210811144226j:plain

f:id:moutoku3:20210811144240j:plain

大切に保存されているキハ2000形2002号。

f:id:moutoku3:20210811144721j:plain

f:id:moutoku3:20210811144728j:plain

展示館事務所に申し入れすることで、車内を見学することができる。

f:id:moutoku3:20210811144522j:plain

f:id:moutoku3:20210811144528j:plain

f:id:moutoku3:20210811144534j:plain

f:id:moutoku3:20210811144548j:plain

f:id:moutoku3:20210811144609j:plain

f:id:moutoku3:20210811144709j:plain

懐かしいセミクロスシートの車内。

f:id:moutoku3:20210811144557j:plain

運転席背面の東武路線図。昭和58年廃止時のもの。まだ東武動物公園が杉戸だったころ。

f:id:moutoku3:20210811144624j:plain

ドア開閉器の脇にあるブザー合図の一覧。

f:id:moutoku3:20210811144651j:plain

f:id:moutoku3:20210811144700j:plain

f:id:moutoku3:20210811144638j:plain

f:id:moutoku3:20210811144644j:plain

ボックスシートはやや狭く、座面に角度が付く。

f:id:moutoku3:20210811144631j:plain

昭和29年製造の東急車輛銘板。

f:id:moutoku3:20210811145441j:plain

38年ぶりに座る、運転席脇の特等席。

f:id:moutoku3:20210811150413j:plain

f:id:moutoku3:20210811150421j:plain

f:id:moutoku3:20210811150431j:plain

利根川群馬県側に残る、利根川橋梁の橋脚。もし熊谷線が予定通りに利根川を越え、東武小泉線と接続していたならば、今頃はどのような風景になっていたのであろうか。

f:id:moutoku3:20210811144746j:plain

f:id:moutoku3:20210811144754j:plain

f:id:moutoku3:20210811144801j:plain

妻沼展示館の常設コーナーに、熊谷線の資料が展示されている。

350型特急「きりふり」82号・281号

352Fの廃車に伴い、351F・353Fの2編成となった350型。

2021年7月現在、運用は土休日の特急「きりふり」のみとなっています。朝の上り82号と、下り281号の姿です。

f:id:moutoku3:20210728170105j:plain

f:id:moutoku3:20210728170114j:plain

春日部発特急「きりふり82号」浅草行きの351Fが、武里駅を通過する。

f:id:moutoku3:20210728170120j:plain

f:id:moutoku3:20210728170127j:plain

f:id:moutoku3:20210728170133j:plain

浅草発東武日光行きの特急「きりふり281号」として、伊21号踏切を通過する351F。

東武100系109F、団体臨時

2021年7月3日、東武トップツアーによる「臨時貸切列車で行く 復刻 100系スペーシア『デビューカラーリング』記念 鉄道お買い物ツアー日帰りの旅」が催行されました。

109Fは、100系復刻塗装の第一編成としてデビュー当時の塗色を施され、6月2日に出場試運転を実施し6月5日に団臨、翌6日から通常運行を開始したものの、6月11日に何らかの異常で運用を外れ、春日部支所にて留置されていました。その後、試運転を経てこのツアー日を迎え、翌7月4日からは通常運用に入る予定でしたが、再度運用を外れています。

f:id:moutoku3:20210707114933j:plain

f:id:moutoku3:20210707114941j:plain

曳舟にて。送り込み回送で浅草へ向かう。

f:id:moutoku3:20210707114950j:plain

f:id:moutoku3:20210707114957j:plain

f:id:moutoku3:20210707115005j:plain

浅草を出発して荒川橋梁を渡り、東武ワールドスクウェアへ向かう109F。