東武鉄道趣味

東武鉄道について綴る、気ままなブログです。

東武100系109F、塗装変更

2021年5月21日の東武鉄道ニュースリリースにて、100系と200型で3種類のリバイバルカラー車両を運行するとの発表がありました。

その第1編成として、「雅」基調のカラーリングだった109Fが、ジャスミンホワイト地にサニーコーラルオレンジ+パープルルビーレッドの帯に窓廻りをブラックとした100系登場時のカラーリングに変更され、6月5日に運行を開始しました。

f:id:moutoku3:20210605174122j:plain

f:id:moutoku3:20210605174144j:plain

利根川橋梁へ向かって築堤を駆け昇る109F。

 

f:id:moutoku3:20210607115412j:plain

利根川を渡る。

東武鉄道350型、352F廃車回送

2021年6月2日、300系350型の352Fが南栗橋管区から北館林解体所へ自力廃車回送されました。

350型は1991年に1800系から改造された優等車で、352Fは1800系が1979年に6連化のために新製した中間車(1846+1856+1853+1843)を種車としており、唯一S形ミンデン台車を履く編成でした。

昨年6月のダイヤ改正で、350型唯一の毎日運行特急「しもつけ」が廃止され、編成に余剰が発生したことから352Fは長らく休車措置がとられていました。

これで1800系の系譜を継ぐ車両は、350型351Fと353Fの2編成8両のみとなっています。

f:id:moutoku3:20210602175312j:plain

f:id:moutoku3:20210602175320j:plain

春日部駅5番線に入線する352F。

f:id:moutoku3:20210602175330j:plain

352Fの特徴でもあるS形ミンデン台車。

f:id:moutoku3:20210602175340j:plain

野田線8162Fと顔を合わせる。8162Fは1973年就役。352Fの種車は1979年に1800系6両化の際に新製された中間車であり、車齢としては8162Fの方が先輩にあたる。

f:id:moutoku3:20210602175348j:plain

f:id:moutoku3:20210602175357j:plain

出発時刻を迎え、最後の自走で北館林解体所へ向かう。

 

f:id:moutoku3:20210605175135j:plain

2021年6月5日、北館林解体所にて。

f:id:moutoku3:20210605175152j:plain

f:id:moutoku3:20210605175144j:plain

f:id:moutoku3:20210605175203j:plain

f:id:moutoku3:20210605175212j:plain

先に廃車された6050系は既に解体線に移動し、留置線で孤独にその時を待つ352F。10000系ワンマン編成と顔を合わせる。

東武日光線 下小代駅(TN21)と行川周辺

東武日光線下小代駅は、のどかなローカル無人駅です。現駅舎の西側には、かつての木造駅舎が移築・保存されており、往時を偲ぶことができます。

また駅の徒歩圏内には行川が流れ、見通しの良い田園風景が広がっていることから、東武日光線屈指の撮影地として有名です。

f:id:moutoku3:20210524154255j:plain

f:id:moutoku3:20210524154224j:plain

f:id:moutoku3:20210524154233j:plain

下小代駅舎とホームの様子。区間急行と普通列車のみが停車するのどかな無人駅。かつて法面にはツツジが美しく咲き、彩りで乗客の目を楽しませてくれたが、2015年の豪雨被害により一部法面が崩落。現在は補強と水抜きパイプが施工されて見ることができない。

f:id:moutoku3:20210524154411j:plain

f:id:moutoku3:20210524154205j:plain

f:id:moutoku3:20210524154215j:plain

f:id:moutoku3:20210524154401j:plain

6050系普通列車が発着するシーン。

f:id:moutoku3:20210524154347j:plain

跨線橋より、100系スペーシアが通過するシーン。

f:id:moutoku3:20210524154306j:plain

f:id:moutoku3:20210524154336j:plain

f:id:moutoku3:20210524154315j:plain

f:id:moutoku3:20210524154326j:plain

現駅舎の西側に、かつての旧駅舎が移築・保存されている。

f:id:moutoku3:20210524154425j:plain

f:id:moutoku3:20210524154435j:plain

f:id:moutoku3:20210524154448j:plain

行川橋梁を渡る、100系6050系・350型。

f:id:moutoku3:20210524154518j:plain

f:id:moutoku3:20210524154508j:plain

f:id:moutoku3:20210524154459j:plain

築堤を走る6050系500系日光線の有名撮影地。

東武6050系、6154+6160+6164F廃車回送

2021年5月17日、東武6050系6154F+6160F+6164Fの3編成が6両編成に組成され、新栃木から北館林へ自力廃車回送されました。

6050系の廃車は、2019年8月29日の6163F以来になります。これで6000系からの更新車2両編成×9本が廃車となりました。

尚、今回廃車された3編成のうち、6154Fは霜取りパンタ装着車としては初の廃車になりました。

f:id:moutoku3:20210517165250j:plain

f:id:moutoku3:20210517165304j:plain

f:id:moutoku3:20210517165320j:plain

新栃木から折り返しのため、春日部駅5番線に入線。

f:id:moutoku3:20210517165332j:plain

f:id:moutoku3:20210517165342j:plain

f:id:moutoku3:20210517165352j:plain

浅草方から、6154F、6160F、6164Fの6両編成。

f:id:moutoku3:20210517165403j:plain

f:id:moutoku3:20210517165414j:plain

北館林へ向け出発。二度と戻らぬ旅路へ…。

 

f:id:moutoku3:20210518094859j:plain

f:id:moutoku3:20210518094910j:plain

f:id:moutoku3:20210518094918j:plain

3編成それぞれの、現役末期の活躍シーン。

f:id:moutoku3:20210523145920j:plain

f:id:moutoku3:20210523145933j:plain

北館林の解体線に到着後、パンタグラフが下り、すぐに方向幕が抜かれた。

f:id:moutoku3:20210523151929j:plain

f:id:moutoku3:20210523151937j:plain

f:id:moutoku3:20210523151945j:plain

地方私鉄への譲渡が噂される一部の20000系と共に留置。

f:id:moutoku3:20210523145952j:plain

6164Fから、座席など内装の解体が始まった。

f:id:moutoku3:20210523145943j:plain

かつては春日部区に所属していた8572Fが、内装撤去中の6164Fの傍らを駆け抜ける。本線で何度も顔を合わせたであろう両車。営業線で再び並ぶシーンは、二度と訪れない。

東武1800系1819F、団体臨時列車(2018年5月13日)

2018年5月13日に、1800系最後の編成である1819Fを使用した団体臨時列車が運行されました。他の1800系が廃車されたり300型や通勤車へ改造されていく中、経年が若い最終増備編成である1819Fのみが原形を保ったまま波動用として運用されていました。

f:id:moutoku3:20210513135344j:plain

北千住の電留線で出発を待つ。

f:id:moutoku3:20210513135358j:plain

f:id:moutoku3:20210513135405j:plain

北千住を出発し、荒川を渡る1819F。

f:id:moutoku3:20210513135416j:plain

f:id:moutoku3:20210513135426j:plain

小菅を通過して行く1819F。

 

東武鉄道伊勢崎線・野田線連続立体交差事業(春日部駅付近)

東武鉄道春日部駅付近の連続立体化工事について、令和3年3月30日には着工記念式典が開催され、いよいよ春日部市の宿願である工事が具体的に動き始めました。

f:id:moutoku3:20210507165719p:plain

f:id:moutoku3:20210507165750p:plain

f:id:moutoku3:20210507165800p:plain

埼玉県HPより。伊勢崎線野田線の2路線計2.9㎞を高架化し、10ヶ所の踏切を解消する計画。

f:id:moutoku3:20210507165734j:plain

春日部市HPより、完成予想図。

f:id:moutoku3:20210507165235j:plain

f:id:moutoku3:20210507165243j:plain

内谷陸橋より下り方を望む。計画ではこの陸橋をくぐった後、駅に向けて高架アプローチとなる。

f:id:moutoku3:20210507165252j:plain

内谷陸橋より上り方を望む。こちらは地平だが配線に何らかの変更が生ずる可能性がある。

f:id:moutoku3:20210507165308j:plain

f:id:moutoku3:20210507165259j:plain

内谷陸橋の外観と下部。

f:id:moutoku3:20210507165318j:plain

f:id:moutoku3:20210507165337j:plain

f:id:moutoku3:20210507165328j:plain

一ノ割方より駅方向を望む。伊勢崎線野田線の間には引上げ線がある。上り線には保線車用の引き込み線がある。

f:id:moutoku3:20210507165347j:plain

f:id:moutoku3:20210507165357j:plain

f:id:moutoku3:20210507165406j:plain

東口の様子。既に駅前の一部建物が解体され、工事用地化が進む。

f:id:moutoku3:20210507183214j:plain

開かずの踏切として有名な、伊124号踏切。

f:id:moutoku3:20210507165415j:plain

伊124号踏切より、駅構内を望む。ジャンクション駅であり、複雑にポイントが絡み合う。

f:id:moutoku3:20210507165428j:plain

今は使用されていないと思われる電気設備の建物が、上り線の脇に経つ。いずれ解体されるものと思われる。

f:id:moutoku3:20210507165437j:plain

f:id:moutoku3:20210507165448j:plain

f:id:moutoku3:20210507165457j:plain

手狭となった跨線橋の、西口への階段部。鉄骨の柱・枠だが、床や階段部は木造。

f:id:moutoku3:20210507165529j:plain

f:id:moutoku3:20210507165507j:plain

f:id:moutoku3:20210507165518j:plain

西口の現況。東口に比べ、後年になって開発されただけに広いロータリーを持つ。

f:id:moutoku3:20210507165541j:plain

春日部市天然記念物の「秋葉神社の夫婦松」。春日部市HPの完成予想図ではそれらしき姿が確認できるが、移設されるのか撤去されるのかは不明。

f:id:moutoku3:20210507165549j:plain

f:id:moutoku3:20210507165557j:plain

野田線側より駅構内を望む。広大な構内を、様々な列車が発着する。

f:id:moutoku3:20210507165607j:plain

f:id:moutoku3:20210507165618j:plain

f:id:moutoku3:20210507165627j:plain

西口~東口の通過は、車は開かずの伊124踏切と内谷陸橋まで迂回する必要があるが、歩行者と自転車はこの地下通路を利用することができる。

f:id:moutoku3:20210507165640j:plain

f:id:moutoku3:20210507165648j:plain

f:id:moutoku3:20210507165657j:plain

春日部駅に到着する350型の下り特急「きりふり」。

f:id:moutoku3:20210507165709j:plain

特急「りょうもう」以外、全ての列車が停車する春日部駅。ひっきりなしに列車が発着する様子を眺められる様子は、鉄道ファンならずとも見ていて楽しいもの。高架化によってこの風景が失われることに一抹の寂しさを覚える。



東武鬼怒川線、倉ケ崎SL花畑

東武鬼怒川線の大谷向~大桑間にある「倉ケ崎SL花畑」は、地域住民の方々によって整備、運営管理されている花畑です。季節ごとの花々が咲き、冬季にはイルミネーションが実施され、こどもの日には鯉のぼりが元気に泳ぎます。

東武鉄道も架線柱を片持ちに換え、花畑側には柱がなくなって車窓に配慮しています。

f:id:moutoku3:20210505095312j:plain

f:id:moutoku3:20210505095250j:plain

f:id:moutoku3:20210505095258j:plain

f:id:moutoku3:20210505095324j:plain

整備された敷地には花畑を始め川や池や山が配置され、この時期には鯉のぼりが泳ぐ。

f:id:moutoku3:20210505095435j:plain

ここの主役はやはり「SL大樹」だろう。通過時間になると、大勢の撮影者や手を振る家族連れ等で賑わう。

f:id:moutoku3:20210505095353j:plain

f:id:moutoku3:20210505095343j:plain

f:id:moutoku3:20210505095418j:plain

f:id:moutoku3:20210505095427j:plain

f:id:moutoku3:20210505100153j:plain

観光路線である鬼怒川線は、多彩な列車が行き交う。